日本文学の特長

日本の文学は非常に多様であり、日本人の多くの構成要素を表しています。また、自然に対する共感を示しながら、伝統に対する日本人の感謝の気持ちを表しています。特に、この文学作品は1900年初頭まで海外では知られていませんでした。この構成要素には俳句として知られる詩や物語が含まれます。日本文学で最も人気のある物語の一つは、ヨシコ・ウチダの「The Piece of Straw」です。

日本の伝統の決定的側面

世界文学と同様に、日本文学には多くの特長があります。 第一に、民族の伝統との非常に強く意図的な断絶によって特徴付けられます。むしろ中央集権国家的であり、多くのナショナリズム的特徴を示しています。断絶には、確立された政治的、宗教的、社会的教義への強い反対も含まれます。このため、フェミニズム、国際主義、自由主義、個人主義、プロレタリアニズムがこの時期に中心的な役割を果たしました。

魅力的な文学

日本文学は、スタイルの特異性によって定義されます。この欠点にもかかわらず、日本文学は世界中の読者と学者にとって魅力的です。特に、それは感情によって色づけされており、一般的に主観的です。このため、そのテーマには時間の影響を受けない普遍的なクオリティが備わっています。10世紀の日記を読むことが、今でも感動的な体験になるのです。これは、彼女の最も深い感情を乗せる強さと誠実さによるものでしょう。

表現の制限

特に、「純粋な」日本語には多くの語彙が欠けていました。長年にわたり、日本語は中国語の影響を大きく受けてきました。このため、日本文学には中国語を借用した側面が見られます。したがって、ほとんどの日本人作家は、言語によって課せられる表現の制限に不満を感じ続けてきました。研究している文学の年代にもよりますが、驚くほど多くの中国語の侵入が見られます。

詩と日本文学

日本文学の興味深い特徴の一つは、詩の使用です。7歳の子供が40歳の大人と同じように日本の詩を楽しんでいることに驚くでしょう。なぜでしょうか?これらの詩は層になっているように見えます。最上層は翻訳された詩によって定義されます 最も深い部分では、日本語を最も純粋な形で読むことから、日本の詩の幸福を引き出します。この形式には、中国語の痕跡が多く見られます。

まとめ

日本の物語、民謡あるいは詩のどれを読んで楽しんでいるかに関係なく、日本文学から得られるものは数多くあります。詩が好きなら、日本文学は受け入れやすい芸術です。このすばらしい古代文学のアーカイブをさらに深く掘り下げ、古代日本人が何を大切にし、親密に感じているかを学びましょう。