川端康成

日本は優れた作家を誇り、その一部は国内の注目を集めているだけでなく、国際的な読者も惹きつけています。文学への貢献でこの国を国際舞台に導いた著名な作家の一人が川端康成です。著者は1899年に生まれ、1972年に亡くなりました。川端は非常に才能のある小説家で短編小説作家であり、1968年にノーベル文学賞を受賞した最初の日本人です。

生涯

川端は幼い頃に両親を亡くしました。おそらく、これが彼の作品のほとんどがメランコリックだった理由です。彼の、両親の死に追われて孤独であるという感覚は、彼の幼年期の孤独に由来する可能性のあるもので、彼の後の成熟した文章の多くに広く浸透しています。彼は10代で文学作品を書き始めました。「16歳の日記」は、彼の最も初期に書かれた物語です。彼は「伊豆の踊子」をリリースした1926年に作家としてデビューしました。

選ばれた作品

その出版物は、「文芸時代」誌に発表された半自叙伝であり、その雑誌を横光利一とともに設立しました。 1929年、彼は「浅草紅団」を書きました。川端が彼の生涯を通じて書いた他の注目すべき作品には、「雪国」「山の音」「古都」「眠れる美女」「千羽鶴」「美しさと哀しみと」が含まれます。川端の最高傑作と考えられた本は、彼が1951年に書いた「碁」でした。

川端の執筆スタイル

彼の本の大部分は明らかに未完成のままであり、時には読者や評論家の多くを悩ませていました。彼の芸術の美学を見ると、彼が自身の芸術のために、意図的にこれを行ったことは確かです。これにより彼が書くことを選んだ諸問題を特に考慮して、その結末が彼の本に与える道徳やセンチメンタリズムを排除することができました。彼は途中で起こっている事件に関連する小さな事実が結論よりも重要であると信じていたので、これを意図的にしていました。

川端作品のインスピレーション

彼の作品のほとんどの読者は、なぜ彼がその性質において幾分悲哀を含んだ小説や短編小説を書くことを選んだのかと思うかもしれません。彼によると、死を美しく見せ、同様に、自然、人間、空虚の中に調和を追求するためにこれを行ったようです。幼い頃に両親を亡くし、その後に祖父母が亡くなった川端は、喪失の痛みがどのように感じられるかを正確に知っていました。このような感情と情念が彼の執筆活動に影響を与えました。

業績のある作家

川端が亡くなってから数十年が経ちましたが、彼の本は今でも世界中で楽しまれています。日本だけでなく、世界の他の地域でも広く読まれています。彼は、日本文学の発展に大きな影響を与えた作家の一人です。川端は、ノーベル賞を受賞した最初の日本人作家であり、自身に脚光を浴びせただけでなく日本の評価も上げました。