徳川時代の日本文学(1603年〜1867年)

徳川時代(1603年〜1867年)は、伝統的に日本史上、平静を楽しんだ時代として知られています。実際、この平静の波は約250年間続き、文学も大変栄えました。より多くの人々が様々な町から町へ旅行できるようになり、色々な考えやアイデア、文化の交流が生まれました。この結果、この時代に大阪と京都が日本の文化の象徴都市となりました。

日本の鎖国

1630年代半ばから1850年代初期にかけ、徳川幕府は鎖国しました。この結果、自国の文化発展に大きく趣を置くことができました。特に、地方の文化発展に大きく役立ちました。しかし、有害な面も、多々ありました。まず、他国の文化を受け入れることができませんでした。一方で、地方の文筆が発展して、17世紀初期には日本文学はさらに隆盛しました。

徳川時代初期(1603年〜1770年)

徳川初期(1603年〜1770年)は、特に、様々な変化があった時代です。まず、歌人は短歌によって独占的な地位を築きました。 やがて学者も短歌の道を歩で行くことを好み、さらに簡素化された形式が生まれました。この結果、俳句が創り出され、最も有名な歌人では、香川景樹など比類のない歌人が現れました。

徳川時代後期(1770年〜1867年)

徳川後期の文学の発展は、一般に初期のころに比べると後期は劣ると言われていますが、新たな名人が多々現れ、伝統的な文学をより一層味わい深いものにしたことは否定できません。伝統的な詩歌の形式から多くの新しい本物の文学作品が生まれました。そして、大隈言道、良寛、橘曙覧などの有名な歌人が出現しました。彼らは、短歌が本質的に無限に自然の兆しを表現できることを証明しています。

徳川時代(1603年〜1867年)に関連する近代文学

日本社会における近代文学のルーツは、その多くが徳川時代に生まれたものです。最も有名なところでは短歌と俳句です。新しい形式を常に取り入れる近代の文豪学者は、これらを新しい芸術の発展に活用しています。日本の詩歌は、年月と共に独創性を生み出し、徳川時代(1603〜1867年)は日本文学の発展に大きな役割を果たしてきました。

最後に

一般的に、徳川時代(1603〜1867年)は、日本文学において最も重要な時代であったと言っても過言ではありません。女流作家が現れた時代でもあります。様々なジャンルの文学も出現し、古いものと新しいものを融合することで革命を起こしました。近代の日本文学愛好家は、同様に違った革命を起こし続けています。