日本の中世文学

日本史において、鎌倉、南北朝、室町時代は中世として知られています。また、この時代は安土桃山時代とも呼ばれます。この時期は日本文学の移行期間とみなされています。京都が日本文学の唯一の中心地でなくなった時期です。この時代以降、作家が全国に出現しました。より多くのジャンルと文学形態が登場したのもこの時代です。

政治的統一の時期

この時代以前の作家や芸術家が繁栄を謳歌することがほとんど不可能だったのは、政治による信用が欠如していたという事実からです。この国は何世紀にもわたって武人によって統治されてきたため、作家には自由がほとんど、あるいはまったくありませんでした。民主的な政府の発足とともに研究機関が出現し、のちに安土桃山時代と呼ばれる時代が成立しました。この時代は12世紀から16世紀の終わりまで続きました。

鎌倉時代 (1192年〜1333年)

12世紀初頭の鎌​​倉時代(1192年〜1333年)の始まりは、軍事的支配の縮図によって特徴付けられます。強力な軍人はサムライとして知られていました。この政府は武士道に基づいており、古い文化に多くの敬意を表していました。この幕府が成立されたことで、社会における女性の地位は著しく低下しました。このため、この時代の女流作家はほとんどいませんでした。驚くべきことに、最高の詩歌の形態の一つである「短歌」がこの時代に登場しました。

詩歌は日本の文化と文学には不可欠な一部です。この文学形態が飛躍的に発展したのは、鎌倉、室町、そして安土桃山時代(1192年〜1600年)の間です。表音文字である仮名も同じ時期に発明されたため、吟詠を簡単に記録することができました。仮名の発明は基本的に、古代の社会の現実を描きだすことを可能にしました。同時期に、日本で最も有名な詩歌の形態のひとつである短歌の道が開かれました。

短編小説

特に、15世紀から16世紀の間に、多くの短編小説が生まれました。これらの短編小説のいくつかは、文学作品における学術的格付けで正当な敬意を払われていませんが、鎌倉、室町、安土桃山時代(1192年〜1600年)の日本の中世文学とは何かを定義するのに役立っています。それらのほとんどは、本来の軌道に乗る前に不条理にも分裂しました。しばしの間、私たちは、その忘れ得ぬ分裂した社会の残滓に感謝する必要があります。

まとめ

日本文学には、地球上で最も古いルーツを持つものがあります。私たちは、何世紀にもわたって異なる政治体制と文化を乗り越えてきた日常生活の一部としての文学の美しさを威儀を正して理解しようとするべきです。鎌倉、室町、安土桃山時代(1192年〜1600年)は、日本の文化、伝統、信仰、そして最終的にはそこ根付いた文学を基にした、伝統の発展のまさに中心的な時期なのです。日本の中世文学万歳!