日本の作家:三島由紀夫

平岡公威は、ペンネームを三島由紀夫として知られ1925年に生まれました。三島は上級公務員の息子として生まれ日本の首都東京で学習院(華族の子弟が通う学校)に通いました。三島は第二次世界大戦中には肉体的問題で軍隊で働けず、都内の工場で働いていました。戦後、三島は東京大学法学部に入学しました。その後、彼は小説と様々な文学先品の執筆活動を始めました。

最初の小説

1948年から1949年の間に銀行で働いていたとき、三島は最初の小説「仮面の刻白」を出版しました。彼の小説は1949年、英語で「Confessions of a Mask」として翻訳されました。この本は部分的に自伝です。それは彼のセクシュアリティをさらに深く掘り下げており、極めて例外的で文体的な輝きを放っています。この本を通して、彼は同輩とうまく行かなかった何か、それは同性愛者の性的嗜好を持っているからだと明らかにしてます。小説が称賛を呼び彼はすべての人生を執筆に捧げました。

他の文学作品

三島は他の多くの小説でも、最初の成功に続きました。彼の作品では、主人公は様々な心理的問題に苦しめられているように見えました。彼らの幾人かは実質不可能な妄執に取りつかれていたため、日々の幸福を得るのが難しくなりました。彼のその他の作品には、「金色」(1954、Forbidden Colours)「愛の渇き」(1950、Thirst for Love)、「金閣寺」(1956、The Temple of the Golden Pavilion)、「潮騒」(1954、The Sound of Waves)などがあります。

小説と戯曲

数多くの小説に加えて、彼は短編小説、戯曲、エッセイの執筆にも時間を費やしました。三島は、伝統的な日本にその背景を反映させた演劇を創作しました。彼はまた、伝統的な日本の物語を現代に置き換えました。彼の演劇には「近現能楽集」(1956、 Five Modern Nōh Plays)と、「サド侯爵夫人」(1965、Madame de Sade)が含まれます。彼の作品はまた、日本の政治を特徴づける汚職に脚光を浴びせ、それによって市民を覚醒させる役割を果たしました。

最後の作品

特に、三島由紀夫の最後の作品は彼の成功の縮図でした。それは「豊穣の海」(1965–70、The Sea of Fertility)と呼ばれていました。この4巻の長編小説は、「天人五衰」(The Decay of the Angel)、「暁の寺」(The Temple of Dawn)、「春の雪」(Spring Snow)、「奔馬」(Runaway Horses)の4つの小説で構成されています。これらの小説は、1912年から1960年代までの期間をカバーしており、各期間は同じ人間の存在の生まれ変わりを示しています。

まとめ

三島の最後の本は、死、自殺、血に対する三島自身の強迫観念について効果的に伝えています。またそれらは、破壊的な性格に対する彼自身の関心も同様に示しています。最後に、その本は現代の生活の不毛に対する彼流の拒絶の象徴でもあります。三島は、今だに日本で最も多作な作家の一人です。彼の文学作品は、大学、短大、およびその他の高等教育機関の学生向けの参考書として世界中で使用されています。