日本の作家:村田沙耶香

村田沙耶香は日本出身の有名な作家。1979年生まれで作家として最高峰の地位を築きました。彼女自身の言葉によると、若い頃はサイエンスフィクションの小説を読むのが好きだったということ。ミステリー作品も好きだったそうです。4年生の時に手書きで小説を書こうとしていたところ、母親がワープロを彼女に買ってあげたと言われています。これこそ彼女の人生で最も素晴らしいプレゼントではないでしょうか。

村田の最初の小説

運も味方して、彼女の最初の作品「授乳」は発売するやすぐさま大きな反響を呼びました。2003年にリリースされ、その年に群像新人文学賞を受賞しました。これがおそらくさらに作品を発表していくモチベーションになったのでしょう。初めての受賞を糧に、その後さらに賞を受賞しましたが、そのうちの一つは「しろいろの街の、その骨の体温の」で念願の三島由紀夫賞を受賞しました。

さらなる受賞

2014年、村田沙耶香は新たな賞を受賞しました。今回は「Sense of Gender賞」という特別な賞をジェンダーSF研究会から受賞しました。10作目の「コンビニ人間」は日本最高峰の芥川賞を受賞。 さらに、彼女はVOGUE JAPANのウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。「コンビニ人間」は日本各地で600,000部のセールスを記録しました。そして、この本は「Convenience Store Woman」という日本で初めて英語のタイトルで売られた本でもありました。

作風

村田の作風は社会における様々な協調性を模索しています。男女の性別における役割、セックスや親の立場もテーマになっています。彼女のインスピレーションは日常の出来事。小説家として活動している間、彼女は地元のコンビニで働いていたということは注目すべきことでしょう。この経験こそが「コンビニ人間」という作品が説得力を持っている理由でしょう。

セックスレスな社会

彼女はセックスレスな社会を受け入れないことに関して焦点を当てています。結婚というテーマでは、意味もなく独身を貫くこと、セクシャリティにもテーマを当てています。このテーマは「消滅世界」やショートストーリーの「清潔な結婚」を含む彼女の多くの他の作品にも反映されています。彼女の他の作品には「しろいろの街の、その骨の体温の」「ギンイロノウタ」があります。

まとめ

村田沙耶香は現代の日本で最も影響力のある作家です。日本の歴史で最もエキサイティングな若手作家でもあります。小説、ショートストーリーにおける才能は素晴らしいものがあります。これからも作家として若者に色々な面で影響を与えていくでしょう。いくつかの賞を誇りに、彼女が未知の可能性を秘めていることは分かっているでしょうし、さらに飛躍できることも心得ているでしょう。