日本の古典文学:平安時代(794年〜1185年)

平安時代は、日本文学の発展において最も重要な時期の中の一世代です。この時代は、西暦794年〜1185年にあたります。この時代、文学は絵画から大きな影響を受けて繁栄しました。また、この時期は、当時の幕府も文学の発展に大きく関与していました。日本文学の発展におけるこの重要な時代は、首都の平安京から名づけられました。

平安文化

日本文化の功績には、平安時代の文学が大きく影響してます。この時代に、中国の漢字から発展した日本語の「仮名」が成立しました。これにより、当時の出来事を記録した最初の小説が誕生しました。世界で最初の小説は、紫式部による「源氏物語」(西暦1020年)として知られています。他にも、初期の日本文学に数えられる書物や日記が次々と登場しました。

平安幕府

京都は、天皇が政権の中心であった平安幕府の中心地でした。天皇のもとには、高官、国家委員会、8人の大臣がおり、包括的な官僚体制で少なくとも68の国の人民を支配していました。それぞれの国は国司に統治され、より効果的な統治体制を目指すために8~9の地域に分割されていました。

平安時代の抗議行動

平安時代には、ほとんどの日本人は、自分の土地か他人の所有地で働いていました。民衆は過度な課税や山賊行為に悩まされており、それらは反乱が起こるきっかけにもなりました。特に、平将門が支配する関東地方では、人々は厳しい状況に反対すべく頻繁に抗議行動を行いました。多くの土地は富裕層に所有されており、人々はその不当な土地の分配にも抗議をしました。

中国との関係

西暦838年に、中国と日本の国交関係が頂点に達した後、両国の関係は悪化していきました。日本は、孤立主義のスタンスを取りましたが、驚くことにこの時期、日本と中国に多くの文化的関係が生まれました。例えば、この時期、日本語は文字や数字において中国語から大きな影響を受けて発展しました。また、中国で作られた弦楽器が日本の民謡で使われました。

最後に

平安時代は、日本文化の急速な発展が起こった時代でした。実際に、日本語が現在の書体になったのもこの時期です。当時の政権では、宗教と文化が日本文学の特徴を形成しました。そして、 多くの学者はより貴重な発見をするために、平安時代の古文書に関する研究をさらに続けています。