日本の詩

有名で愛されている俳句から、旋頭歌や長歌として知られるあまり知られていないジャンルまで、日本の詩は長い時間をかけて成熟しました。それにもかかわらず、日本の詩は多才でシンプルでエレガントです。 60年代を経験した人は、俳句の真の魅力を理解しています。残念ながら、詩はその地位を失って他の形式の芸術が台頭しました。ここではこのアートの世界を深く掘り下げてみて、もちろん、あなた自身がそれについてどう思うか試してみましょう!

俳句

俳句は、日本の詩の最も有名な形式です。また、これまでに存在した日本の詩の最も偉大な形式でもあります。この偉業に近づいた他の形式には、オードとソネットがあります。 俳句は読みやすく、柔軟性があり、その設立から数百年経った今でも力強く成長しているように見えます。基本的には、俳句には韻がありません。英語で記述されたものは3行という特徴がありますが、これも日本語で書かれている場合があります。

短歌

短歌は俳句ほどポピュラーではありませんが、その愛好者の数はかなりのシェアを誇っています。短歌は非常に興味深い日本の詩の形です。俳句のより長いバージョンとして定義でき、5-7-5-7-7の音節パターンを特徴とします。俳句のように、その一瞬を要約します。ただし、この2つの主な違いは、短歌の方がが作家の感情をより直接的かつ明確に示していることです。俳句はその詠み人にはほとんど言及しません。

長歌

これは日本詩の形態のより多目的で自由な形式です。5行と7行の音節が交互に並んだ行からなる、より構成に留意された形式です。 通常、行数は不定です。最短の長歌は9行の長さです。このタイプの詩には短歌や俳句のシンプルさが欠けていますが、長歌では、他の方法では表現が長すぎるテーマを展開できます。

片歌と旋頭歌

他の注目すべき詩の形式には、片歌と旋頭歌が含まれます。 片歌は5-7-7パターンの特徴があります。 片歌は俳句の長いバージョンとみなされることもあります。しかし、片歌は俳句よりも感情的であり、作家の感情と風景をより描写します。一方、旋頭歌は、3行のうち2つの連を一緒にするよりまれな詩の形式になります。これは単に、2つの片歌を一緒にすると旋頭歌になることを意味します。

まとめ

日本の詩について何か面白いことを学びましたか?さて、日本の詩にはまだまだあります。鉛筆を手に取り、イメージを考え出し、それに言葉を当てはめてみませんか?創造的になって言葉で遊び、詩の喜びを体験してください。俳句、短歌、旋頭歌、または片歌に興味があるかどうかにかかわらず、これは確かに地球上の詩の最も純粋な形式の1つであると確信できます!