現代日本文学

日本は40年で統治機構のシステムに変化をもたらしました。 40年でその古いあいまいな東洋の君主制から最も強力な民主主義国家の1つに移行しました。学者はこれを現代の奇跡と呼んでいます。恥辱的な足かせを外し、日本は灰の中から立ち上がり、ロシアとの戦争に勝利した後は世界を驚かせました。統治機構、教育、軍事組織のシステムのランダムな変化は、日本の近代文学の特徴でもあるのです。 

顕著な特徴

日本の歴史について言及し、かつ、彼らの文学を除外することは常に難しいです。この2つには多くの顕著な類似点があります。たとえば、1868年、明治の若き皇帝が、武士政権によって6世紀以上にわたって統治されていた政府の支配を引き継ぎました。同時に、日本文学は最低レベルに落ち込みました。また、現代では現代日本文学は望ましい政治情勢のために繁栄しました。

女性作家の台頭

現代日本文学の台頭を信じられないほどに成功に導いたもう1つのことは、過去20年間に数十人の新しい作家が登場したことです。たとえば、村田さやかは実に驚くべきことをしている作家の一人です。彼女がなした最高の本の一つは「コンビニ人間」として知られています。これはおそらく作家が国内の近代文学に対して行った、最大かつ最も意味のある貢献の1つです。

早い段階の先行者

1940年代および50年代には、三島由紀夫などの偉大な名を含む戦後の作家が台頭しました。これらの作家のそれぞれがもたらした芸術の種類では、彼らが確かにその水準を上げていることを確信しないわけには行きません。これはおそらく新進気鋭の作家がかなり一生懸命働かなければならない理由の1つになっています。このような設定に寄与した先行した他の作家には、とりわけ村上春樹と大江健三郎が含まれます。

論争の上の栄光

その多くの場合、文学は論争の上に繁栄します。例えば、三嶋由紀夫は人生や他にももっと人生の現代的な側面に対する彼自身の抵抗を突っ込んで書いたりしました。彼はまた、セクシュアリティに対して矛盾した意見を持っていました。このため、彼の芸術は売れ、それによって日本文学の発展に大きな進歩をなし遂げたように見えました。村上春樹もまた、彼のキャリアの中で最も長い間、その論争の上に繁栄した日本の作家です。

まとめ

日本文学はまだその潜在能力を十分に発揮していません。同じことに関して多くの障害がありましたが、業界の未来は素晴らしいです。読書文化はデジタル時代の影響を受けた可能性があります。新しく来るべき未来は、短編小説、小説、詩を他の文学形態と共に文学への道として残し続けています。読み続けて成長し続けることは、確かに新しい時代の日本文学の一部であり、その革命の一部なのです!